スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛んで火に入る
映画観てきましたよ。
アサイチの回で『超高速!参勤交代』を。
楽しくランチして、午後の回で『青天の霹靂』を。
どっちもすごい良かった!

参勤交代は時代劇らしいかと言われると微妙に違うんだけど、福島らしさが実にいいなと。言葉の訛りも、実直さも、不器用さも、郷土愛も。
群馬に生まれ育った身としては隣県福島にはデフォルトで好意を持っておりますが、東日本大震災の後にその思いが何だか明後日の方向に捻じ曲がった郷愁のようなものになって、だから序盤の綺麗な水田の風景や海辺の景色だけでもなんだかじわっと来てしまったよ。
田舎の貧乏小藩、謂れのない嫌疑や無理難題の山、刺客の数々……、という、なんだかヒトゴトならざる展開に、何かを学んだような気分にさせてもらえます(…)。
何ならもう一度観てもいいくらいだ。
「飛んで火に入る夏(なづ)の虫とは、貴様らのごどだ!」のセリフ、一度目も二度目も大変すばらしいと思いました(笑)。
そして深キョンはどの役でもどんな台詞でもあの口調と言い回しなんだなぁ、と、変なところで感心しました。
場内は思いがけず高齢の方が多く、殺陣のシーンでは私のナナメ後ろのダンディが「抜打ち!」とはっきりと技名を呟いていたのが印象的でした。この紳士は息を飲むシーンの度に「あ」とか「はっ」的な発語があり、その臨場感が微笑ましいために耳障りに感じなかったという得なキャラクターでした。

青天の霹靂は、撮影が上田だそうですね。私の亡き父が実は上田の出身だったと、父が他界後戸籍を取り寄せて初めて知り、それ以来何となく気になっている土地だったために興味を寄せておりました。
綺麗な夕焼けのシーンが上田かどうかはわかりませんが、いろいろを投影して、そういう意味でも泣けるお話でした。
ストーリー自体はわりとこう、よくある系というか、先が読める展開なんだけど、大泉さんやっぱ上手いなぁ。
あの美人の母からあの息子が生まれるのか、とかは考えちゃいけない部分ですね(
ちなみにこっちのスタジオでは隣のカップルの電話がしょっちゅう鳴ってたのが気になりました。あの雨上がりの窓辺のシーンでよくも携帯鳴らしてくれたな。バイブ設定でも触れ合うものが硬質だと、ム"----、ム"----、ってあの音が気になるではないか。何故切っておかぬ。それかタオルにでも包んでおけ(

一日に二本観たの初めてだけど、そして普段映画観るときって途中でシートに疲れてもぞもぞし始めるんだけど、この2本は微動だにせず観てたらしく、終わったあとお尻が凝ってたよ!



さて完美。
2014-06-28 22-46-56a
ここんとこ毎回領土が長丁場なので、終わった後で熱が出ます。
否、終わった後に出てるもんかと思ったけど、どうやらここんとこずっと熱はあったらしい(
ただ領土後は格別にハイスコアでござる。

魔導と暗殺夫婦は順調に80代突入です。
おみくじクエをしに行ったところ、見たことのない金文字のアイテムがドロップ。

2014-06-30 00-12-05a

どうやらトレハン風な宝探しクエのアイテムのようです。探して掘って倒してアイテム集めて報告、というのを数度繰り返すのですが、なかなかあなどれない経験を貰えます。

2014-06-30 00-18-29a

この箱はこのクエのものでした。
二個目の宝箱は沼地だったけど、そっちのボスはダメージ無視&ずーっと睡眠かけて来る&ほっとくと消えるため、それの続きがあるのかどうかは謎。



オマケにテーブル付ホストな感じの王子。
CIMG6144.jpg

この角度からが好き。
オデコから鼻の頭までのラインが愛しいのです❤
CIMG6155.jpg

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。