スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木偶。
参勤交代が面白かったので、作品紹介中名前の出てくる「のぼうの城」も今更見てみたのですが、あー、なるほどなー、という感じでした。
このテの話は過去の英雄譚というより、現代の帝王学に通じる感じなのかなー。
普段は庶民派で何かしらダメなところがある憎めないトップが、イザという折にはぴしっと締めて筋を通す。ダメなところを見せてるから周りはそれをフォローしてあげようとする。それに応えてトップが益々トップになる、的な。
オールマイティーで完璧なリーダーではなく、ダメでも愛されるリーダーが、イマドキの風潮のようですな。ただ、ダメだから愛されるのではないところが重要で、その辺りの見せ方はのぼうより参勤交代の方が上手いかなぁ。
あと甲斐姫はイメージが違う。。。もっときりっとすっきりしたイメージなんだけどなー。

サブ育成にいい加減めっそりしてきたので、石褒美夫婦クエの片手間に画面横で動画とか見てますが、そういえばマレフィセントを観に行くのに眠れる森の美女をマトモに見たことないなと思って見てみたのですよ。
幼少時から余り純粋にお姫様に憧れるということのない人生を歩んで来たもので、どうにも釈然としない話でありました。だから記憶に薄いのか、この話。。。
なんだろう。王子様とお姫様は自分の努力や目標とは無関係なところで事件に巻き込まれ、何もしない(いや、安易な一目惚れして「これは運命なの❤」な展開で恋に浮かれてただけの)間に物語が展開し、おばちゃん三人が頑張ってハッピーエンド、てな話でした(
真実の愛は、王子様のキスじゃなくて、疑似母子であろうと子供を守ろうとする女の強さなんだな、というのが個人的感想です(…)。
おばちゃんたちに「あの人は(愛情や信頼といった)美しい感情を知らないのよ」的なこと言われていた魔女側に視点が変わったらどんなドキドキできる物語になるのか楽しみです!

母が春に送ってくれた越冬林檎がいい加減ボケボケになってきたのでジャムにしたのですが、いちごと違ってりんごってジャムにしても嵩が減らない…。
大き目のジャムの瓶に2つもあるし、グラニュー糖300gも使ってるので、あああ砂糖こんなに!? というショックが冷めやらぬのに早く食べないといくらジャムといえども傷みそうで怖いし、かといってそんなにパンに愛着がないので毎日食べたくないし、結構苦悩中。
でも母から送られたものを傷ませると激しく良心の呵責に苛まれるので、なるべくどうにかしたい。
……パン買って来よう。。。

あと今日は知り合いに唆されてこれしてみました。
http://www.izmic.jp/mame/2014/01/entry_1903/
私は右脳派でささ脳のようです。……矛盾しとるなー。。。
クリエイティブで直感的、イメージ重視、空間認知が得意。その一方で理論的にとらえ理論的に処理、物事を筋立てて真面目に考える几帳面な努力家。
……当てはまってるでしょうか? 我ながらあまり当てはまってない気がしなくもないよ!(


スポンサーサイト
 
うう脳で左脳派
右脳でうう脳!
……(笑)
わりとみんなイメージ当てはまるかも知れないなぁ(笑)

INしてるときにササもらったけど、腕組みと指の重ねは自己コントロールで変えていけるものだそうですよ。
スイッチの切り替え(?)みたいなものなのかな。全然違う視点になったりできるみたいです。面白いね!



コメントの投稿
secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。