スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えないもの。
実はまだ歯医者通いをしています。
どうもなんだか面倒な欠け方をしていたようで、経過観察期間が長い。ので、他の歯の古い治療痕を綺麗にして間を持たせているのですが、毎週ちまちまと表層加工と塗装工事を続けた結果、問題の歯を取り残して他の古傷を持つ歯が新装開店状態に。
これで問題の歯の治療が終わればまた当面歯医者と疎遠になりそうではあるのですが、どうも私は歯を噛み締め過ぎるようで、上京後は虫歯ではなく欠けた治療(とミルキー様の飴による被害)でしか歯医者に行ってないなぁ…。
そして歯医者によりもう一つ判明したのですが、私は歯磨きに無駄な力が入ってるそうだ。
もっとソフトに生きてもいいそうです(…)。

もう来ないと思ってた台風が来てくれたお陰様で例によって根性なしの呼吸器が臍を曲げているのですが、カラオケで森進一いけ、今ならいける! と、斜め上な励ましを周囲の皆様から貰うのが複雑です。
ていうか森進一の歌を知らんのですが……。

台風被害をほぼ丸一か月受けて割と瀕死でしたが、やっと「蜩ノ記」を観に行って来ましたよ。
静かな時の流れを感じるお話でした。
あと父を思い出す季節なので、なんだかタイミング的に余計に泣けました。
ちょっと100万回生きた猫の物語も思い出したよ。己の生き方を恥じ入る思いだけど、しかし改善にあたり具体案が出ないのがそもそもダメなんだな、と、一度落ち込んだところを掘り下げて更に落ち込むという、一人時間差落ち込みをまたしでかしているところですよ。
「人は見えないものに不安を感じるものです」という言葉に、なんだか諸々考えてしまったよ。ていうかそこに「あ」と思うのは、私は娘目線でこの映画を見てたのだなぁ。やはりというかなんというか。
目に見えなくても感じて居れば信じて居られるからいいよね。そういうのひっくるめての「見えない」で、つまり信頼が成立しないものに対して不安って生まれるんだよなぁ、とか、ぼーっと帰りの電車内で考えておりましたが。
大泉さんの方のお話はすでに上映時間が夜タイムのスケジュールだったから劇場では見られんなぁ、きっと。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。